オークション 出品 デメリット

オークション出品した場合、考えられるデメリットとは?

ブランドを売りたい!という方は、まず買取方法を決めなければいけません。一概に買取方法と言っても、専門店に依頼するかオークションに出品するかの2択が主な選択になるかと思います。どちらにもそれぞれ、メリットとデメリットがあるのできちんと理解しておきましょう。

 

買取店に依頼する場合、ブランドに関する知識と経験を兼ね揃えた査定員が担当します。その為、適正価格を出してくれますし、査定やキャンセル、銀行振り込みの手数料など利用の全てが0円で行っているお店が多く、損をするような事はありません。一方のオークションは、出品する際にお金が掛かることがあります。ヤフオクでは有料会員登録が必要ですし、無料で出品できるオークションの場合も利用者が少ないので、入札率は低くなります。そしてオークションでは、ブランドならではのデメリットというものもあります。

 

ブランドと言えば偽物も出回っているので、購入する際は必ず正規店でしか買わない!と決めている方もいるでしょう。そもそも、そんな方がオークションで出品しているブランドを購入すると思いますか?中古品が嫌という問題ではなく、顔が見えない相手から購入するのに抵抗を感じる、というのが大きな問題となっているはずです。オークションに出品する際は鑑定証や購入店の領収書など、本物であることを確認できる証拠も一緒でなければ、入札自体難しいかもしれません。それであれば最初から、プロの査定員に依頼したほうが手っ取り早いでしょう。

 


出張査定のスピード買取.jp 出来るだけ早く売却 下取りの落とし穴 高額で買い取ってもらうには